フォト
無料ブログはココログ


カウントダウン

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月22日 (日)

*お願い*

【ド○モのケータイをお使いの皆様へお願い】

たまにメールをいただき、パソコンで確認しているのですが、ド○モのケータイへは返信できないんです・・・。パソコンからのメールが受信できないように設定されているようで。なので、送ったのにメール返ってきてないぞ!っていう心当たりのある方は私のメールアドレスからの受信を許可設定していただくようお願いします。連絡取りたいけど取れないというもどかしい状況にあるので、どうぞ周知の程よろしくお願いします。

2013年9月21日 (土)

やさしさと現実と闇

今日はポカラでやっていた、モモ(小籠包みたいなの)祭りに行ってきた。
そこで見たものと、考えたことを書こうと思います。

P9217309

あたしたちがモモを食べていると、幼い少年がやってきて
「モモちょうだい。」と言った。多分ストリートチルドレン。
あたしたちは、今あげても今後の少年のためにならないと思ってあげなかった。
すると彼は次のテーブルに行き、そこでも同じことをしていた。

だめだよ。と一度は断るネパール人。
でも再度言われると、普通にあげていた。
別のテーブルでは、モモはあげなかったが、小銭をあげていた。
また別の人は自分のカバンからビスケットをだし、あげていた。
今日見た人たちはびっくりする位、みんなやさしかった。

ネパールの街では、よく、片腕ないとか体に障害を持った人が
座り込んだり、バスに乗ってきたりして物乞いしている姿をよくみかける。
無視する人も多いが、何人かの人たちはそれに応えて小銭を差し出す。

多分、ネパール人は本当に慈悲深く、やさしい人たちなんやろうと思う。
語学の先生は、「ネパールでは周りの人に優しく、尽くしてあげることで
自分の来世がよくなると信じている、だからお客さんに尽くすんだよ」
と言っていた。(सायामीजी, होईन ?)
だからこうやって子供たちに与えてあげるのかなって。
やさしさとかじゃなくて、義務みたいにっていうと重過ぎるけど、
あげなきゃって感じるんかな?

それが悪いことやとは思わんし、否定する気もない。

でも物乞いすれば簡単に手に入ってしまう、この現状に
子供たちは甘えてしまわんのかな?
働かなくなっちゃわんのかな?
あたしはそう思って何もあげなかった。
別にそんな高いもんでもないし、あげてもよかったけど、
子供たちために、と思ってあげなかった。
優しさが甘やかすことになると思った。

でも、同じ地球に生きている、恵まれない境遇に生まれただけの、
同じ人間として少しでも何かあげるべきやったんかな?

答えなんてないと思うけど、色んな人に意見を聞いて
自分なりにしっかり考えたいと思った。

P9217290_2

今日の祭りでは、イベントの一つとして、フェイスペイントをしていた。
結構子供も大人も群がっていた。
絵具を使って顔に好きなデザインのペイントをしてあげるもの。

数人のペイントを終え、アーティストが使い終わった絵具を捨てた。
すかさずある子供が来て拾っていった。
彼は力を振り絞り、歯で噛んでまでして一生懸命ビニールに絞り出していた。
自分で顔にペイントしてみるのかなーなんて思って見てた。

そしたら。
突然袋を口に当て、すーはー。
目的はシンナーでした。
ネパール来て初めて見たので衝撃でした。
めっちゃ悲しくなった。
でもこれが現実。

先輩に聞くと、街のすぐ近くには貧しい人たちの住むところがあり
その周辺ではよくそう言った行為を見かけるとのこと。
そういえばこの前、タメル(ネパール一の繁華街的なところ)で夜、
タバコ吸ってちょっと変な感じの子供がおったな・・・。

なんか本当悲しくなる。
この現状、どうにかできんかな。
たまたま先進国に生まれ、何不自由なく生活できている
あたしらがすべきこと、なんやろう。

いいところがいっぱいあるネパール。
でもまだまだ知らない闇の部分もいっぱいあるんやろな。
しっかり見て、考えていきたいと思います。


ちょっと暗くなってしまったので、おまけ!
ネパールの出張遊園地。
観覧車は竹で固定し、手で回します!
怖くて目が離せません。笑

P9217304_2

2013年9月19日 (木)

2日間の爆音の正体

昨日、オフィスにいると、来ました、例のあれが!

どんちゃん騒ぎが近づいてきたので外に出てみると・・・

P9187248_2

これでした、爆音の正体。
今日は最終日ってことで練り歩いてました。
大音量の音楽かけながら踊り狂ってました。楽しそう!
長い髪の人も、女装した男性。

P9187252

詳しく聞くと、ビシュワカルマという工芸の神様の祭りで、
鍛冶の仕事に従事するインドやタライ地方の職業集団のお祭りだそうです。
そういえば、あの黄色い人たち、近くで家作ってる人たちや。
↓この左の家

P9187253

しかもあっちこっちでそれぞれのグループが練り歩いてお祭り騒ぎ。
↑わかりにくいですが道路のトラックにも人々が。

ネパールには面白い文化がいっぱい。

昨日は職場のディディ(お茶とかカジャ作ってくれるお姉さん)が
なんといきなり家に来てごはん作ってくれました。笑

(↓停電で真っ暗だったので懐中電灯で)

P9187257

突然のネパール料理の作り方講座。
オフィスで、あとで行くからね~って冗談かと思ってたら本当に来た。笑

ぐっちゃぐっちゃやけどめっちゃおいしかった。
せっかくなのでネパール料理の作り方、学んで帰ります!

2013年9月18日 (水)

機械にお祈り

昨日、今日と機械にプジャ(お祈り)をする日らしく、
車やバイクにティカや首飾りが♪

P9177245

そしておとといからは近くの広場から爆音で音楽が・・・。
夜中にいきなり始まり、なんか若者がパーティしだしたんかと
思ってたらそういう日だったそうで。
よく苦情がこんなーって思ってた。
2日まるまる、夜中もずっと。すごいなーネパール。

1週間ほど前から、アンナプルナがきれいに見えるようになりました!
あんな高いとこに・・・。感動!
▽うちのベランダから

Img_7053

Img_7059


Img_7058



そんで5日間JICAネパールの自治総会でカトマンズにあがってたんですが、
帰りの飛行機からレクナート、そして我が家が!

▽左がベグナス湖、右がルパ湖
その下に街が広がってます。

P9157223

どれとは言いませんがこの中に我が家が♪
大家さんもびっくりしてたー!

P9157226

そんで帰ってきたらうちで飼っている水牛が赤ちゃん産んでた♪
撮ろうと思ったら隠された・・・。母ですね。

P9157229

妊娠中はミルクが出ず、生まれてしばらくは、沸かすと固形になり
栄養たっぷりのギャウティーってやつになるんだそうです。
チーズみたいなスクランブルエッグみたいな感じで、甘くして食べるとおいしい!

P9157232

おとといは東大生が今ネパールの先輩のところに来てて、
ついでにレクナートのコーヒー農場にも寄ってくれました!

P9167235

ありがとう♪
10月はじめまでネパールにいるそうです。

2013年9月 5日 (木)

ネパールあるある

ネパールあるある。

Img_6478_2

携帯事情

P9050659_4

ネパールの携帯電話はだいたいnokia。
そんで着信音とかほとんどの人いじらんからみーんな着信音一緒。メール来た音も。
よくみんな自分のって気づくよなぁ。おもしろい。
、、、たららんらん たららんらん たららんらんらーん、、、って音。
これにはびっくり。

Img_6367

テレビ

最近の音楽番組ではひたすらティージという、9月8日のお祭りの音楽をやってる。
女の人が大勢赤いサリー着て踊りまくってるの。
物語がある曲もあるみたいで、女の人と男の人がやり取りしあってたり、
兄の奥さんと弟の奥さんがけんかしてたり、見てて結構おもしろい。
しかも1曲1曲がめっちゃ長い。

ネパールの曲でよくあるパターンは
草原とか山とかの大自然の中カップルがいちゃいちゃしてるか(笑)
大勢でダンス踊ってるか。だいたいこの2パターンのような気がする。
最近はほぼティージの曲ですが。

Img_6900_4

テレビドラマもよくやってて、でもそこに出てくるのが
こんな家どこにあるんやろうって感じのめっちゃきれいな近代的な家。
CMでもそう。
農村の家とはかけ離れた、欧米風のキッチンが出てきたりする。
ネパール人はこれ見てどう思ってるんやろうなー。

Img_6847

あと気になるのが広告。
番組やってる最中に、下に広告のテロップが四六時中流れる。
時には画面の真ん中に出てきたりもする。
CMの最中も出てる。
ちらほらJAPANの文字も。ちょっとびっくりした光景。
たまにメッセージも流れてるしね。すごい。

Img_6374

交通事情

ネパールではだいたいの移動がバス。電車はない。
バスには運転手さんの他、集金したりバス止めたりするお兄さんが一人乗ってる。
この人に行先とか言ってお金を払う。
でも気になるのがこの集金のタイミング。
乗った時でも降りるときでもなく、移動中になんとなく集金を始める。
途中お客さんどんどん降りたり乗ったりしてるのに、
よく誰がお金払ってなくて、誰が払ったかわかるなぁって感心する。
ネパール人の記憶力はすごい。
ちなみにレクナートではあんまり聞けんくなったけど、
このバスのお兄さんがバスの行先をリズムよく連呼してるの、結構好き。笑
カトマンズではそこら中にいた。
強引に乗せてお客さんを詰め込んでいくのはどこでも一緒やけどね。

Img_6417

タクシー。

ネパールのタクシーはものすごい確率でSUZUKIの、
ぼろぼろになった軽のマニュアル。料金は事前交渉。
交渉せんかったら外国人料金でものすごいことになる。
交渉次第で破格でいけたりする。
隣の車にも料金聞いて、こっちはいくらだってーってゆうやり方もあり。笑
タクシーに限らず、「じゃぁいいよ、他探す」って
ゆったとたん値段下がったりする。笑

Img_6394

商店

ネパールで多い商店は食品色々売ってる雑貨店、カラフルなバケツとか
売ってる日用品店、クルタとかの生地屋、その仕立て屋、ペンキ屋、カジャ屋。
仕立て屋さんの多さにはびっくりする。
日本で仕立て屋さんなんてみたことあったかな?
こっちの服はオーダーメイドが基本。
この前ジーパンテイラーでパンツ仕立ててもらった!
生地代もいれてなんと1000ルピー(約1000円)。安すぎる。
日本でオーダーメイドなんてしたらいったいいくらかかるんやろう・・・。
日本でこの値段でできたら絶対ヒットするなー。
1,5倍くらいの値段でも全然いけそう。
でも日本じゃ土地代生地代諸々するとそんな値段じゃやっていけんか。
なんかいい方法ないかな。

P8310003

買い物

ネパールでは値段はあってないようなもの。
ビスケットとかはパッケージに印刷されてたりするけど
あとはあんまり値段書いてない。
値段聞いて、高いっていうと、じゃいくらならいいんだ?って聞かれる。
こっちに聞かれても・・・。
そして半額で言ってみて、あっさりいける時もあるし。
まだまだ相場が分からんから、ネパール人と一緒に行くのが無難やなー。

Img_6418

会話

ネパール人が初対面でも絶対聞いてくること
・家はどこだ、いくつ部屋借りていくら払ってるんだ
・どこで仕事していくらもらってるんだ
・どこまで勉強したんだ(大卒?院卒?もっと?)
・結婚してるのか(なんでしてない?いつするの?)
・どうやったら日本に行けるか
ネパール人はお金のことを平気で聞いてくる。(多分悪気は全くない)
特に家賃と給料。もうこれが結構きつい。やだ。
文化の違いと分かっていながらもうんざりしちゃう・・・。
ぼかしながら、うまくやっていかんと。

Img_6477

まだまだたくさん、日本じゃありえないシステムがあります。
でもそれがネパールの常識。
世界っておもしろい。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »


  • にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
    にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへにほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31