フォト
無料ブログはココログ


カウントダウン

« 新生活 | トップページ | 機械にお祈り »

2013年9月 5日 (木)

ネパールあるある

ネパールあるある。

Img_6478_2

携帯事情

P9050659_4

ネパールの携帯電話はだいたいnokia。
そんで着信音とかほとんどの人いじらんからみーんな着信音一緒。メール来た音も。
よくみんな自分のって気づくよなぁ。おもしろい。
、、、たららんらん たららんらん たららんらんらーん、、、って音。
これにはびっくり。

Img_6367

テレビ

最近の音楽番組ではひたすらティージという、9月8日のお祭りの音楽をやってる。
女の人が大勢赤いサリー着て踊りまくってるの。
物語がある曲もあるみたいで、女の人と男の人がやり取りしあってたり、
兄の奥さんと弟の奥さんがけんかしてたり、見てて結構おもしろい。
しかも1曲1曲がめっちゃ長い。

ネパールの曲でよくあるパターンは
草原とか山とかの大自然の中カップルがいちゃいちゃしてるか(笑)
大勢でダンス踊ってるか。だいたいこの2パターンのような気がする。
最近はほぼティージの曲ですが。

Img_6900_4

テレビドラマもよくやってて、でもそこに出てくるのが
こんな家どこにあるんやろうって感じのめっちゃきれいな近代的な家。
CMでもそう。
農村の家とはかけ離れた、欧米風のキッチンが出てきたりする。
ネパール人はこれ見てどう思ってるんやろうなー。

Img_6847

あと気になるのが広告。
番組やってる最中に、下に広告のテロップが四六時中流れる。
時には画面の真ん中に出てきたりもする。
CMの最中も出てる。
ちらほらJAPANの文字も。ちょっとびっくりした光景。
たまにメッセージも流れてるしね。すごい。

Img_6374

交通事情

ネパールではだいたいの移動がバス。電車はない。
バスには運転手さんの他、集金したりバス止めたりするお兄さんが一人乗ってる。
この人に行先とか言ってお金を払う。
でも気になるのがこの集金のタイミング。
乗った時でも降りるときでもなく、移動中になんとなく集金を始める。
途中お客さんどんどん降りたり乗ったりしてるのに、
よく誰がお金払ってなくて、誰が払ったかわかるなぁって感心する。
ネパール人の記憶力はすごい。
ちなみにレクナートではあんまり聞けんくなったけど、
このバスのお兄さんがバスの行先をリズムよく連呼してるの、結構好き。笑
カトマンズではそこら中にいた。
強引に乗せてお客さんを詰め込んでいくのはどこでも一緒やけどね。

Img_6417

タクシー。

ネパールのタクシーはものすごい確率でSUZUKIの、
ぼろぼろになった軽のマニュアル。料金は事前交渉。
交渉せんかったら外国人料金でものすごいことになる。
交渉次第で破格でいけたりする。
隣の車にも料金聞いて、こっちはいくらだってーってゆうやり方もあり。笑
タクシーに限らず、「じゃぁいいよ、他探す」って
ゆったとたん値段下がったりする。笑

Img_6394

商店

ネパールで多い商店は食品色々売ってる雑貨店、カラフルなバケツとか
売ってる日用品店、クルタとかの生地屋、その仕立て屋、ペンキ屋、カジャ屋。
仕立て屋さんの多さにはびっくりする。
日本で仕立て屋さんなんてみたことあったかな?
こっちの服はオーダーメイドが基本。
この前ジーパンテイラーでパンツ仕立ててもらった!
生地代もいれてなんと1000ルピー(約1000円)。安すぎる。
日本でオーダーメイドなんてしたらいったいいくらかかるんやろう・・・。
日本でこの値段でできたら絶対ヒットするなー。
1,5倍くらいの値段でも全然いけそう。
でも日本じゃ土地代生地代諸々するとそんな値段じゃやっていけんか。
なんかいい方法ないかな。

P8310003

買い物

ネパールでは値段はあってないようなもの。
ビスケットとかはパッケージに印刷されてたりするけど
あとはあんまり値段書いてない。
値段聞いて、高いっていうと、じゃいくらならいいんだ?って聞かれる。
こっちに聞かれても・・・。
そして半額で言ってみて、あっさりいける時もあるし。
まだまだ相場が分からんから、ネパール人と一緒に行くのが無難やなー。

Img_6418

会話

ネパール人が初対面でも絶対聞いてくること
・家はどこだ、いくつ部屋借りていくら払ってるんだ
・どこで仕事していくらもらってるんだ
・どこまで勉強したんだ(大卒?院卒?もっと?)
・結婚してるのか(なんでしてない?いつするの?)
・どうやったら日本に行けるか
ネパール人はお金のことを平気で聞いてくる。(多分悪気は全くない)
特に家賃と給料。もうこれが結構きつい。やだ。
文化の違いと分かっていながらもうんざりしちゃう・・・。
ぼかしながら、うまくやっていかんと。

Img_6477

まだまだたくさん、日本じゃありえないシステムがあります。
でもそれがネパールの常識。
世界っておもしろい。

« 新生活 | トップページ | 機械にお祈り »

コメント

Abercrombie and fitch clothes are manufactured for kids, men and women. He backed them with a moneyback satisfaction guarantee. In 2005 after a wonderful visit to New York City, I shopped in Abercrombie and Fitch and loved the smell of the clothes. A Ferris wheel, a giant octopus, and other carnival rides make the pier an old fashioned amusement park. Our relationship has never been knocked down. Each store will have your basic jeans, tops, coats, shoes and more. Although CI topics are published in a number of journals looking at marketing, information science and more, there is currently no dedicated CI journal.
ikjkvw http://helthsupport.com/index.php?do=/blog/31322/moncler-vestes-nz-a-annul%C3%A9-ses-plans-de-le-rendre-public-et-retours-entre-d/

いろんな情報、ありがとね\(^^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489822/53159348

この記事へのトラックバック一覧です: ネパールあるある:

« 新生活 | トップページ | 機械にお祈り »


  • にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
    にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへにほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31