フォト
無料ブログはココログ


カウントダウン

« 不意打ち | トップページ | レクナート環境カリキュラム Lekhnath environmental program »

2014年1月11日 (土)

お葬式とホームステイ

今日は週に一度のお休みー♪
友達が遊びに連れてってくれるってゆってたのに、
朝になってキャンセルされてがっかり。笑
他のfriendたちに電話するも、忙しいみたいで撃沈。

なので家じゅうの大掃除、洗濯、布団干しをしてきれいさっぱり☆
今日は9時から今まで停電、そして6時にまたいってしまうー><
ネットサーフィンもできない。。。
もっと友達つくろ。笑

昨日のアンナプルナ

Img_9534

だんだん雪が溶けてく~

Img_9531

ずっと工事している近くの家もだいぶ立派な3階建てに。
すっかり部屋ができ、窓枠もできてきてます。
土曜も休まず、みなさん朝から晩まで本当働き者。

Img_9511


昨日、うちに帰ると大家さんがマヒ(ヨーグルトのその先 笑)
を作ってました。

Img_9508

こうやってしぼりたての牛乳をつぼにいれ、棒でぐるぐるかき混ぜる。
夏場なら10~15分、今は30分ほどやらなあかんらしい。

すると、精製油が上にうかんできて、下がマハというものになります。
説明が難しいのですが、ラッシーみたいな、酸っぱいの。

味はちょっとあれですが、めっちゃ健康によさそうなので、
たまにもらって飲んでます。


天気がよかったので、ベランダに椅子を出して
温かいミルクとみかんでまったりしていると。

どこからか音楽が聞こえてきました。

Img_9520

白い布をもって人がぞろぞろと行列になって。。。

Img_9522

近所で人が亡くなったんだ、と気づく。

Img_9523

そして一行は川の方へ曲がってゆきました。

Img_9529

きっと川岸まで持ってって、焼くんやろうな。
そして、灰も川へ。

何も残さず、すべて自然へ還す。
骨を大切にお墓にしまっておく日本人とは全然違って、
とても不思議な感じです。

ただ、みんながみんなそうするわけでもなく、グルン(確か)族は
日本人のようにお墓もつくっていると聞きました。

これ。

Img_9008

ネパール人もやっぱりこういうの怖いらしい。

ちなみにこれはレクナート大祭典の時に泊めてもらった
ディディ(お姉さん)ちの近く。

みんなちょっと仲良くなると、「じゃぁ今日、うち泊まりにおいでよ」って、
本当にかる~く誘っていただきます。笑
今着替えもなんも持ってないし・・・って言うと、
「えっ何もいらないよ。」って。笑
そんな感じでお泊りさせてもらってます。

その日のことも少し書こうかな。
その日、祭りも早めに切り上げても、
停電のせいもあり、帰り道も家の中もやっぱり真っ暗やった。

Img_8971

「寒いね寒いね、そんな時は火にあたらないとね」

Img_8986

部屋のすぐ前で火を焚いてくれた。
隣の部屋にはディディご両親、姉妹と赤ちゃん。

真っ暗な中、あっつあつのお湯を飲みながらおしゃべり。

「あっ電気が来た。じゃぁみんなでテレビでも見ようか。」

その部屋には、あたしが作ってあげた新聞バックが飾られてました。
ほっこり。

Img_8995

結局Tシャツもズボンも借りて、ベッドへ。
平屋だからか、すきまだらけの木の扉1枚だからか、
夜は寒くて何度か目が覚めた。

翌朝は、妹がお散歩連れてってくれた。

Img_9003

すぐ下の家々はもっと貧しそうやった。

Img_9005

新しい家を作り出すところ。
どこかからかやってきて、こうして家を建て、
ごみを拾って売ったり、建築現場で働いてお金を稼ぐのだそう。

ぼろぼろの服を来た子供。
でもめっちゃかわいかった。
どんな気持ちでカメラを向けるあたしを見てるのかな。
なんだか複雑な気持ちになった。

Img_9007

少し行くと、岸壁。霧でなんも見えんくて、怪しげやった。

Img_9014

先の見えない橋。
妹が行こう行こう行こう行こうってゆーから
吊り橋が大の苦手の私も、決死の思いで渡りました。
行ったら帰ってこなあかんよな、、、と思いながら。

Img_9015

渡ったところには洞窟が。

Img_9016

手前には、自然にできたという小さなブッダもあり、
何かいそうな雰囲気がぷんぷん。

Img_9019

奥まで探検したかったけど、真っ暗で怖すぎてさすがに断念。
また今度。

Img_9024

帰ったら、妹がとうもろこしを炒ってくれた。
料理は全部ここで。

Img_8996

とうもろこしは台所にこのように貯蔵。
ネパール人は「とうもろこし=冬に食べるポップコーン」らしい。
しかも塩もなにも味付けなし。でも結構イケる。

Img_9035

これをぽろぽろして

Img_8998

たっぷりの油で炒る!

Img_8999

できたてはふわっふわでおいしい!!


家の前に、なんか毛布が転がってる・・・と思っていたら

Img_9027

わんこでしたー笑

Img_9030

しかもだいぶ人間の話が分かっててびっくり。
やっぱ長年一緒にいるとわかるようになるんやな。


最後に、朝ごはんでおいしいおいしい
ダルバートをいただき帰ってきました^^

Img_9036

ホームステイって楽しい :)


ではちょっとお散歩行ってきます♪

« 不意打ち | トップページ | レクナート環境カリキュラム Lekhnath environmental program »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489822/54572112

この記事へのトラックバック一覧です: お葬式とホームステイ:

« 不意打ち | トップページ | レクナート環境カリキュラム Lekhnath environmental program »


  • にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
    にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへにほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31