フォト
無料ブログはココログ


カウントダウン

« ネパールへの支援 | トップページ | マイバッグの考えを。-新聞バック作り― »

2015年5月25日 (月)

ダディン郡の様子-今必要なものは?

昨日、被害が深刻だったと言われているダディン郡で、精力的に活動されている知人がポカラに来ていらっしゃっていたので、色々とお話を聞くことができました。

P5242654
Krishna Khatiwadaさん

彼はダディン郡クンプールV.D.Cに住んでいます。
同期隊員の住んでいた家の持ち主なので、私も一度行かせていただいたことがあります。

話をまとめると、
・今最も必要なのは雨期に備えて雨風を避けるためのトタンだそうです。ビニールシートが盛んに寄付されていますが、やはり丈夫さには欠けるので、数か月の一時的なものでしかないそうです。それでもあるのとないのでは全然違いますが。

「壊れてしまった家」
Aaa_007

From_daido_san_023

・今はもう雨期に入っているので家づくりはできません。雨期の終わった9,10月頃から本格的な家づくりが始まります。それまでは仮設住居で暮らすしかありません。なので丈夫なトタンが必要です。ボランティアも多く必要になってくるでしょう。

彼の家の前。ここで寝る。たったこれだけ?
雨が降ったらどうするのか・・・。
Adamtar_007

(トタンで作ったかまぼこ型仮設住居も紹介されていました。
仮設住居はトタン、でも「雨の心配なくなった。」読売新聞

ちなみにだいたい1家族72フィートが必要で、しっかりしたものにするには7千ルピー~1万ルピーほどかかるだろうとのこと。(1円=約0.8ルピー 5月25日現在)

「仮設住宅」
Earth_q_4_023

Kumpur_earthh_q_029

From_daido_san_022

・全壊はしていないが壊れそうで危ない家はみんなで協力して壊しているそうです。また仮設住宅はヤギや牛、鶏を飼っていた小屋に住むことが多く、ない場合は竹や木を使って作ります。外にいるのと同じで蚊がすごく大変。だから蚊帳がほしいそうです。(ネパールの蚊の量は尋常じゃないし、私自身体中刺されてかゆくて眠れない夜が何度あったか・・・。)もちろん電気もないのでソーラーパネルも必要とのこと。これは6,500ルピー程で買えます。

・彼も被災者ですが、普段から地域のために活動されており、海外とのつながりもあるので、日本からいただいた支援でライカルという村に援助することに決めたそうです。各家庭に丈夫なトタンを、すでに仮説住居を作った家庭にはソーラーパネルを支援するそうです。

「仮設住宅2」
Earth_q_4_026

From_daido_san_021

Kumpur_earthh_q_021

Kumpur_earthh_q_041

Aaa_027

・数団体から支援物資が来ているものの、まだ政府からは一切支援なし。食べ物の援助がよく来ているそうです。(しかしハイウェイまで歩いて取りに行かないといけないので奥の村までは支援が行き届いていない。)先日赤十字からは支援物資の配給がありましたが一家族につき10キロ。10人程が一緒に暮らす大家族がほとんどで、しかもコメがメインで毎食大量に食べるネパール人にとってはそれでは2,3日ももたないとのこと・・・。

「トタンを運ぶ人々」
・・・トタンってまるまるんですね。
Earth_q_4_014

・学校は5月31日から再開しますが、中で安心して勉強できる教室はもうほとんどありません。なので外で仮設教室を作って勉強しないといけないのですが、その準備も全く進んでいません。先生は休みなのですが、休みになってラッキー♪ってことで仮設教室を作る手伝いにも来ないのだとか・・・。どうなるんでしょうか。

・今子供たちに必要なのは地震のことを忘れて楽しく遊ぶこと。
ということで子供たちと遊びながら絵を描いたり、音楽をしたりして楽しく過ごすプログラムを村を回って4,5日ほど実施しようと企画しているそうです。私たちも許可がおりれば同行させてもらうつもりです。今回クレヨンを20セットですがお渡しできたので、役に立ってくれれば、と思います。


実際にたくさん写真を見ながらお話いただき、とてもよくわかりました。
私もまだカトマンズやバクタプール、ゴルカ、シンドゥパルチョークなど大きな被害のあったところへ行けておらず、自分の目で確認できていないので今回直接お話を聞けてとてもよかったです。

今おそらく全世界でネパールへの募金が積極的に行われているかと思いますが、なんとネパール政府は義援金名目で海外送金されたお金は個人で下ろせなくなり、すべて政府のもとへ自動的に移されるようにしました。全部政府がまとめて、そこから平等に被災地へ支援するのだとか・・・。ネパールはとても大好きな国ですが、悪い習慣として上の人が搾取し、本当に必要な人、ところへお金が回ってこないことがよくあります。悲しいです。どうかせめて今回だけはそんなことがおきず、1ルピーも無駄にならず有効に被災者のもとへ届けられますように。

ネパール評論 「震災救援の複雑な利害関係」

また、最近入国の際の関税チェックも非常に厳しくなっているそうです。
ボランティアを考えていらっしゃる方は要チェックです。

ネパールのすったもんだ現地情勢と国際協力
「緊急支援で来られる方へ」

※とても有益な情報だったんですが削除されてしまったようです。(5/26追記)

« ネパールへの支援 | トップページ | マイバッグの考えを。-新聞バック作り― »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489822/60133021

この記事へのトラックバック一覧です: ダディン郡の様子-今必要なものは?:

« ネパールへの支援 | トップページ | マイバッグの考えを。-新聞バック作り― »


  • にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
    にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへにほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31