フォト
無料ブログはココログ


カウントダウン

« レクナートの被害とネパールへの寄付について | トップページ | 子供たちの募金活動 »

2015年5月 7日 (木)

地震の負傷者数

5月6日現在の死傷者数のデータがあったのでお知らせします。

死者数     7736名
負傷者数   15908名
(5月6日 Kathmandu Postより)

地域別
中央部      5562名
カトマンズ盆地 1698名
西部       421名
東部       53名
中西部      2名

郡別
シンドゥパルチョーク  2991名
カトマンズ        1209名
ヌワコット         930名
ゴルカ           412名
ダディン          702名
ラスワ           456名
カブレ           318名
バクタプール       308名
ラリトプール        174名
ドラカ             74名
マカワンプール       34名
ラメチャップ         27名
ソルクンブー        22名
オカルドゥンガ       19名
シンズリ           10名

               以上

カトマンズ、パタンに住む日本人の方に今の状況を聞いてみました。

彼女の住居は大丈夫だったそうで、今は水も食料も普通に手に入り、電気も来ているしインターネットも普通に使えるそうです。インターネットは特に、周りに住んでいた人々が地方へ帰ってしまったこともあり、今までよりもサクサク使えるようになったとか。まわりに農家も多かったので時折野菜を売るに来る人がいたり、壊れかかっているお店でもネパール人は気丈に開けて商売をしているそうです。

パタンのダルバールスクエアもだいぶ崩れてしまったが、埋まっている人はおそらくいないだろうということ。それよりリングロード北部やBALAJU地域の被害が大きく、被害に遭ってそのまま埋まったままになっている方が多いと思われ、臭いがすごくなっているとのことでした。

以前のパタン、ダルバールスクエア。
美しくて私も大好きな場所でした。
本当に悲しいです。

Img_3442

Img_3436

Img_3435

Cimg3990

Img_3445

地方では地震を受けて休校になっていた学校も5日から再開されています。

今、私の知人のネパール人は物資の行き届いていないダディン郡へテントやお米を届けに行っています。しかし必要とされているテント(ブルーシート)はもうこの辺ではなかなか手に入れるのが難しく、インドの国境近く、ルンビニの手前の都市バイラワまで調達に行ったそうです。ネパール国内で必要な物資が不足しています。

ネパールの情報はこちらの英字新聞が分かりやすいです。英語が読める方はぜひ。
写真もたくさん載っていますので、写真だけでも見てみてください。

Himalayan Times
Katumandu Post

昨日の新聞では、カトマンズ最大の避難所ではイスラエルの方々がピエロの恰好をしてショーを披露し、みんなを笑顔にさせた、という記事がありました。最近新聞には悲しい写真や世界の終末だとか完全な崩壊、全滅、恐怖など悲しい言葉がたくさん並んでいます。しかし笑いは最良の薬、という言葉があるように、こんな時だからこそ笑うこと、大切なのかもしれません。悲しくて元気が出なくても自分が笑っていれば周りも笑顔になるし元気になりますもんね。くよくよしてたってしょうがない。笑顔にならなきゃ。Keep Smile!

Img_4285

Img_4693

Pray For Nepal.
Stay Strong Nepal.

« レクナートの被害とネパールへの寄付について | トップページ | 子供たちの募金活動 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489822/59910991

この記事へのトラックバック一覧です: 地震の負傷者数:

« レクナートの被害とネパールへの寄付について | トップページ | 子供たちの募金活動 »


  • にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
    にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへにほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31