フォト
無料ブログはココログ


カウントダウン

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月14日 (水)

今、ボーダナートはこんな姿になってしまいました・・・

ネパールの中でも大好きなパワースポット、
ボーダナートは現在修復作業中で、こんな姿になってしまいました・・・。

※ボーダナート
ネパール最大のチベット仏教の巨大仏塔です。
世界のチベット仏教の中心地であり、ユネスコの世界遺産に登録されています。

20日程前の、満月の夜に訪れた時の写真です。

Img_0260

震災後、初めてきました。
こんな姿になっちゃって(;_;)

Img_0270

満月だからか?
たくさんの人が訪れていました。

Img_0261

このように灯りをともしてお詣り。

Img_0266

Img_0289

マニ車の間。あちらにもこちらにもろうそくが灯されています。

Img_0292

Img_0297

こんな姿になってもやはり美しいですね。
パワーを感じます。

Img_0311

ろうそくを頭の上に載せて運ぶ人。熱そう・・・こわい。

Img_0313

五体倒地して回っている方もおられました。

ネパールに、1日も早く平穏な日々が訪れます様に・・・。

2015年10月12日 (月)

ネパールはおいしいフルーツがたくさん(^^)

今日は何かの祭りとかだそうで、いきなり祭日になりました。
先週は何も言ってなかったのに・・・。予定が狂う・・・。

ということでぶらぶら買い物してきました。

ネパールにはおいしいフルーツがたくさんあります。

Img_0571

最近旬なのは、アボカドとグアバです!
グアバは写真の+2個(食べちゃった)でなんと30ルピー!
安い。

しかしアボカドは日本より?高いです・・・。
2個で167ルピー!でもおいしいんですよねー(^^)
やっぱりアボカドにはお醤油!ということでお醤油も買っちゃいました。
ネパールのスーパーにはなんとキッコーマンのが売ってるんです!
めっちゃ高いけど。シンガポール産やけど。
隣に4分の1の値段で偽醤油も売ってたけど。
やっぱ信頼のキッコーマンにしました。

アボカドが追熟してトロトロになるまでもう少しお預けですが。


まだまだガスもガソリンも不足中のネパール。
昨日、新首相が決まりました。
統一共産党のオリ氏です。
<ネパールに新首相 オリ氏 日本経済新聞>
一刻も早い日常生活の復帰と震災の復興が期待されます。

2015年10月10日 (土)

飼う○○と厄介者の○○

今日も依然としてガソリン不足からのバス不足・ガス不足の様子は変わりません。
通常バスの上に乗るのも禁止されていますが、もうしょうがないとあきらめたのか、どのバスもこんな状態・・・。もちろん中もぎゅうぎゅう。通勤ラッシュの朝・晩は特にひどいです。

Img_0515_2

昨日は、降りようとしたら、うわーっと乗ってくる人の波にのまれてバスの中に押し戻され、一足先に降りたオフィスのおばさんになんとか腕を引っ張ってもらってようやく降りれました・・・。みんな乗るのに必死なんです。バスの中は人が重なり合ってひしめき合って、バッグのキーホルダーも壊れるくらいです。乗車率は200%くらいでしょうか。もっと?本当に危ないです。

上にも、後ろにも、入り口にもありとあらゆるところにいっぱい人をぶら下げて走ってます。

Pa103996_2

早くこんな状態を脱してほしいです。


ヒマラヤ。
カトマンズでもほんのちょこっとヒマラヤが見えるようになりました。
本当にちょこん。(これでもだいぶズームしてます。)

Pa093993

もっと冬になるともうちょっと見えるとか。
前の任地、レクナートで間近で見すぎていたので、わたしには全然物足りません・・・。
前の我が家から。こんな素晴らしいヒマラヤが、
すぐそこに見えてました!!(自慢。笑)

Img_2512_3  

あー、早く美しいヒマラヤが見たい♪



さて、本題の飼う○○と厄介者の○○の話。
こないだ、お茶を飲みに入ったテーブルに木箱が置かれてありました。
店の主人が私たちが席に着くなり、ごめんねーっと店の隅によけました。

Pa093941

中にいたのは・・・

Pa093939

なんと白いねずみ!
ねずみなんて普通のならあちこちにいるのに?!
わざわざバザールから1組100ルピーで飼ってきたそうな。

自慢げに出してくれました。

Pa093942

なんでも、これらは他の、なんでも食べてかじってしまうねずみを追い出すそう。
これらは偉い子で、どんなけ遊びに行ってもちゃんとこの箱に帰ってくるそうで、どこかに行く心配もないし、今のところ餌以外は食べたりかじったりもしていないそう。

つまり他のねずみよけと、趣味、ということだとか。
びっくりです。
色が違うだけで、お金を払ってまでして飼うねずみと、厄介者扱いをされるねずみがいるなんて。普通のネズミは服までかじって穴をあけたり、お米や食料を食べてしまったりしますが、これはどうなるのか・・・。まだ飼って1か月だそうなので、これから様子見だとか。
いやーびっくりした話でした。



今日はお休みだったので前にトレッキングでガイドしてくれた人のおうちに招待してもらいました。ヒエのロキシー(蒸留酒)をギウ(精製バター)で温めて、スパイスを加えたもの。そしてじゃがいもとお肉!

Pa103999

散々食べた後にメインのダルバート!
珍しい、ディーロ(麦の粉と水を練ってつくったもの)つきでした!

Pa104001

おいしくて、注がれるままについつい食べ過ぎ、
しばらくおなかが痛かったです・・・笑

昼間からおいしいお酒とお食事をいただいた、ステキなお休みでした♪
明日からまた頑張ります。

 

2015年10月 8日 (木)

Budhanilkantha

昨日、オフィスへ向かってたら、急になんかすごい音が近づいてきました。

何かと思って見ると、なんと車道を馬が9頭、颯爽と駆け抜けてゆきました。

さすがにこんなことは初体験でした。笑

装飾も何もしていない馬たちで、一体何だったのか、とても気になります・・・。


今回はBudhanilkanthaに行った時のことを。

Img_0391

干されるとうもろこし。
ポップコーンにして、主に冬の軽食になります。

Img_0392

ネパール人の食卓に欠かせないとうがらし。

Img_0404

グアバ(^^)/
庭に鈴なりに成ってるのをもいでくれました。
甘くておいしいけど、種がめっちゃ硬くて歯が弱い人は大変なフルーツ。

Img_0405

何してるか分かりますか?
道路に線を引いて石ころを投げて遊んでいました。
かわいい子供たち。

Img_0509

こちらも子供たちの遊び。
ダサインといえば!これです。
凧揚げ。日本のお正月みたいに、(今はだいぶ少なくなったかな?)
本当にあちこちで凧揚げをしているのが見られます!

そしてこれ。何かわかりますか?

Img_0408

12年前にコミュニティのみんなで作った、共同水汲み場です。
とてもきれいな水なので、飲料用に地域一帯の人が使用しています。

蛇口に水が来ている家もありますが、それは飲める水ではないので、ここまで数日に一回、水を汲みに来てそれをまたフィルターにかけてろ過して飲料しています。

魚は水をきれいにするので、中に魚も飼っているそうです。
ちゃんと底が透けて見える・・・!

Img_0406

泊めてもらった方の家庭菜園。
以前トレーニングを受けた通り、ちゃんとハウスを作って栽培していました!
わお。

Img_0394

これがネパールの家庭ダルバートです。
ごはんとサーグ(菜っ葉の炒め物)と、ダル(豆のスープ)とグンドゥルック(発酵乾燥野菜)と大豆のアチャール(漬けてないけど、お漬物的なもの)

Img_0437

何度も追加され、おいしくいただきました!

ちなみに豆スープの豆はこれです。
これを圧力鍋でぐちゃぐちゃにしてスープを作ります。

Img_0421

落花生も出始めました。

Img_0491

さて、本題。

ここにも被災者はやっぱりいます。
ここ。

Img_0410

実は、ここには震災前、土づくりの家が15軒ほどあったそうです。左の上の方の小さな丘に人がいるのが分かりますかね?

それがこんな姿に・・・。右手の下の方は崖の様になっていて、もうここには到底住めません。これは政府の土地でした。ここに住んでいた人たちはよそから来た、自分の土地を持っていない人たち。つまり今住めるところはなく、他の人の土地にトタンで作った部屋に住んでいます。だからもし出てゆけと言われればそこも出て行かなければなりません。

Img_0435

ちゃんと働いてもいますが、働ける場所は建設現場などの力仕事。
お給料も安く、がんばって働いても子供を学校に通わせられる人は多くないそうです。

Img_0430

どうしたら、こんな状況がよくなるのでしょうか・・・。
今回の様なトレーニングは自分の土地がないから受けれないし。
野菜栽培もヤギを飼うにも場所がいりますよね。

本当に何かしなきゃいけない人たちに有益になることってなんやろう。
ただ何かをあげるだけじゃあかん。自身に身に付けさせて、自ら商品を生み出して自らお金を作り出していけるような仕事。
そしてあたしたちは何をすべきか?
大きな課題が見えてきました。





さて、もうすぐダサインのお祭りです。
13日から始まる2週間にわたるお祭り。
日本で言うお盆みたいに実家へ帰省し一族が集まってお祝いします。

カレンダーではぽつ、ぽつと6日間が祝日。休みもその通りかと思っていたら、
うちのオフィスでは13日から24日までお休みだそうです。びっくり。
一部では13日から始まり、11月6日まで休むところもあるとか・・・。恐るべし。

ということで5日間は前の任地、レクナートへ帰ろうと思います♪
ネパール人の様に、里帰り。笑

あとは、この短い任期で遊びほうけてもいられないので
フィールドにも行ければ行ってみようと思います。

2015年10月 7日 (水)

何のトレーニングを誰が受ける?

前回の記事にあったトレーニングを実施する前に、それぞれの集落へ出向いてミーティングを行います。
何のトレーニングを、たくさんいる組合員のうち誰が受けるか?

震災の被害調査を兼ねて、それに私もあちこち同行させてもらっています。

Img_0324_2

9/30 Goldhunga
市内からバスと歩きで1時間半ほどのところにある集落。

Img_0327

どこかからの支援で、家を建てているところがありました。

Img_0326

ここが組合のオフィス。

Img_0328

2階のスペースでミーティング。24人来てくれました。

Img_0332

野菜栽培のトレーニング受けるか、ヤギの飼育のトレーニング受けるか話し合った結果ここではヤギの飼育のトレーニングを受けることに。

ヤギを飼うには土地が必要ですが、ここのリーダーが「余っている土地があるから、震災被害に遭ってヤギを飼う土地がない人には無料で貸してあげる」と、サポートを申し出てくれました。さらっと言えるところがやはりリーダーですね。みんなから慕われる理由が分かりました。

ここではあちこちに仮設住宅が見られます。

Img_0336

今度トレーニングを受ける組合員の一人で、
仮設住居に住むエビナさん(左)家族。

Img_0352

現金収入を得るために2か月前から鶏を飼い始めました。
崩れて今は住めなくなってしまった部屋に。

Img_0343

こちらは来たばかりの新米っこたち。

Img_0344

さらに、これからヤギの飼育トレーニングを受けてヤギの飼育も始めます。

お義母さんが自家製ヨーグルトを飲ませてくれました。
濃くてちょっと酸っぱくて、アリが浮いてて、まさにネパールの味でした。
とてもおいしかったです。

Img_0350

4歳になる小さな娘がいますが、一人では家の中にいたがらない、と話してくれました。

こちらは、カマラさん。
同じく、後ろのトタンで作った仮設住居に住んでいます。

Img_0357

この古い家が崩れてしまいました。

Img_0354

中はこんなになってしまいました。

Img_0355

こちらにも小さな子供が二人いて、これからどうなるのか不安だ、と話してくれました。

あちこちに壊れてしまった家と、トタンの家が。

Img_0358

トタンでなくこんなビニールシートの家に住んでる人も。
雨が降ったら入ってきちゃうだろうし、風も全部抜けていくし
これから寒くなると本当に大変。

Img_0361_4

こんな人たちが本当にたくさんいます。
政府からの支援はまだ15000ルピー(日本円で16500円くらい)のみ。
それはもうトタン買ったり食料買ってあっという間に使ってしまったそう。
これからどうしていけばいいのか。
考えなきゃ。

2015年10月 5日 (月)

震災被害者へトレーニングを。

わたしの配属先の主な事業は女性開発であり、組合活動を支援したり、小規模ビジネスなどのトレーニングを実施し、女性の社会的地位の向上や女性を中心とした地域活性化を促していくところです。

今回の震災を受けて、主に震災被災者の方へトレーニングを開始しました。
地震で家をなくした人などに、現金収入を得てもらおうと野菜栽培・ヤギの飼育(お祝い事などではヤギを食べる習慣があるため)のトレーニングを各村単位で行うことになりました。

3日から7日間のトレーニングを受けて、多少の準備金をオフィスから受け取り、野菜栽培またはヤギの飼育をスタートさせます。

本来村で行うトレーニングですが、最適な場所が見つからなかった場合はカトマンズの中心にあるこのオフィスで行われます。

私も少し見学させてもらいました。

9/28 Budhanilkanthaの女性向け野菜栽培の研修 2日目

Img_0232

まずはスタッフから女性開発についてのお話。
女性がなぜ現金収入を得なければいけないのか?
現金収入を得ることでどんないいことが起きるか?
など女性を鼓舞するとてもいい内容の講義でした。

休憩時間にはなぜか突然ダンスが始まりました。
一人のお母さんが節のついた歌を歌い、みんなで手拍子。
ただいるだけじゃおもしろくないじゃん!楽しまなきゃ!
だそうです。

Img_0235

もちろん真っ先に踊らされました。笑
いつでもどこでも楽しめる、そんなネパール人です。

そしてメインの野菜栽培の先生のお話。
育苗についてのお話でした。
何はどうやって苗を作ってから植える、とか何々は苗作らなくていい。とか。
いい種の種類や肥料のお話をされました。

ネパール人の研修でとてもいいと思うのは、みんなが積極的に発言し、議論しながら進めるところ。分からないところはちゃんと聞いたり、自分の経験を話したりします。まぁ話がどんどんそれていくこともありますが、みなさんとても積極的に講義に参加して、得ようとするところがステキですよね。

この日の軽食はチョウミンでした。焼きそばみたいなもの。

Img_0239

10/1 Budhanilkanthaの女性向け野菜栽培の研修 5日目 最終日

この日は菜っ葉の栽培と販売についてでした。

どんな栄養があるとか、土鍋や鉄鍋で調理した方が栄養が摂れる、とか。
販売方法も野菜をつぶさず、鮮度を保って持ち運ぶこと、など。

最終日だったので講義終了後、オフィススタッフより修了書が渡されました。

Img_0385

この日はみなさんこのグループで作った衣装で来ていました!
おそろいの衣装はやっぱりステキ!
オフィス前、スタッフと共に記念撮影。

Img_0387

お疲れさまでした。

今後準備金が参加者に渡り、それぞれが栽培を始めていきます。

あ、この日の軽食。
ドーナツとミルクティーとお豆さんでした。

Img_0379

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ネパールの情勢について

昨日インドとネパールの国境がついに約10日ぶりに開放されました!国境で留められていた500台以上の運送車が続々とネパールへ!
ということでしたが、しかしネパール国内で反政府勢力が通行を許さず、ガソリン、ガス、物資などはまだ行き渡っていません・・・。おととい、ガソリンスタンドには95台もの給油待ちの長い列。オフィスのスタッフに聞くとバイクにも給油するために朝一から並んで、4時半にやっと入れられたとか。

カトマンズ一旅行者が多いであろうタメル地区ではいつもやっているはずの店が休業、空いている店も規模を縮小して運営していました。その他地方やローカルなレストランも冷たい飲み物しか提供できない、など本当にネパールの人たちに大打撃を与えています・・・。野菜も一部価格上昇してきています。

その中でも薪で調理するなど、みんな工夫して頑張っています。

年に一度の2週間に渡る大きなお祭り「ダサイン」が来週、13日から始まります。それまでにはどうにか状況が良くなってほしいものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »


  • にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
    にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへにほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31