フォト
無料ブログはココログ


カウントダウン

ネパールのこと

2016年3月20日 (日)

ネパール最大の魅力:感激のヒマラヤトレッキング2

お待たせしました!
ヒマラヤトレッキングシリーズその2です!
その1はこちら
ネパール最大の魅力:感激のヒマラヤトレッキング1

ネパールには本当にかわいい子供たちがたくさん。
特に山の方には何も知らない純粋無垢な子が多いように感じました。

Img_4473

駆け寄ってきて「ナマステ」してくれた坊や。

Img_4764

お兄ちゃんたちのサッカーをうらやましそうに眺めていた子。

こちらはあたしらをみつけて岩に駆け上って、そして照れるガールズ。
かわいい!

Img_4693

ちょっと恥ずかしいけど、気になる。。。

Img_4814

かわいすぎるぼうや。
ぼくもつれてって?

Img_4813

そしてイケメン登場!!!
ポーズも最高にキマってる。

Img_5016

奥様方はエサ用のわらをひねりあげてまとめていました。
手際のよさにびっくり。

Img_4459

そしてどこからともなく現れるわんこたち。
代わる代わる数匹と旅を共にしました。

「このてぬぐい気持ちえ~(*´▽`*)」

Img_5826

いやいや、ピンクでええってば~

Img_5827

もう、やめて~
青は嫌やって~

Img_5829

って、結局このピンクをだいぶ気に入ったみたいで、ずっとつけたまましばらく一緒に歩きました(^^)/

この子はヒツジ?のベビちゃん♡
もふもふでめっちゃかわいかったです。

Img_4756

今回はかわいい出会い編でした^^
次回に続く・・・。


2016年2月21日 (日)

ネパール最大の魅力:感激のヒマラヤトレッキング1

ネパール最大の魅力、それはやはり何と言っても荘厳で優美なヒマラヤ山脈でしょう。

Img_5436

人生で一度はぜひヒマラヤトレッキングに挑戦してほしいです。
少し時間がかかりますが、数日はずっと歩きっぱなしになりますが、それでもあそこに行けばこの意味がわかると思います。

地球の偉大さ、神秘を感じれる場所です。

Img_5157

ネパールのトレッキングでは日本語の話せるガイドさんと荷物を持ってくれるポーターさんと一緒に行くので、山のこと、草木のこと、人々の暮らしのことなど何でも聞けます。深くネパールの文化について知ることができます。

そんなこと言われても、時間がとれません!
というあなたのために、今日は写真でトレッキング体験♪
Let's go!

まずは首都のカトマンズから出発地であるルクラへ。
道路がないので空路のみです。
もしくは近くのジリまで車で行って、4日歩いてこちらへ。笑
しかも山の天気は変わりやすいのでしょっちゅうフライトはキャンセルされます。
数日待たされることも余裕でありますので日程を組まれる際は余裕を持ってください♪

Img_4243

滑走路はたったこれだけ。
ジェットコースターのようにあのがけっぷちから無理やり飛び立ちます。笑

ルクラはなかなか栄えています。

Img_4256

かわいい子供に見送られ、いざ出発。

Img_4285

道路なんてありませんので、ロバがガスシリンダーや食料、日用品など大切な運搬の役目をしてくれます。

Img_4308

人間だって負けていません。

ここらのネパール人はこんなに大量の荷物を軽々運んで行っちゃうんです。

Img_4385_2

山岳民族の大切な収入源のひとつ。

Img_4389

つり橋では要注意!すれ違えませんからね~

道中至る所にこんな彫刻。

Img_4319

チベットの文字です。読めません。
きっとチベタン仏教の神聖な文言が記されているのでしょう。

Img_4322

かっこいい。

ネパールでは一般的なトレッキングルートにはちゃんとロッジがありますので、食事や宿の心配をする必要はありません。
食事は上に上がるにつれ値段がどんどん上がっていきますが(最高で平地の7倍くらい)、お料理はこんな感じです。おいしいです。(ネパールの一般的な食事・ダルバート)

Img_4328

次の目的地、ナムチェへの道しるべ、段ボール。笑
手作り感満載でステキです。

Img_4330

途中には滝があったり

Img_4332

キャベツ畑があったり

Img_4340

子供たちはけんけんぱしてたり。
どこの子供も一緒ですね(^^)

Img_4342

Img_4348_2

Img_4351

サガルマータ国立公園です。

トレッキング中おすすめの朝ごはんはこちらのチベタンブレッド。

なかなか食べごたえがありおいしいです!

これに目玉焼きを乗せてもGOOD!

Img_4370

その2へ続きます。

 

2016年1月23日 (土)

かわいいネパール雑貨が買える2つのお店☆

先日の日曜ビッグバラエティ、「世界の秘境に嫁いだ日本人妻!」
みなさんご覧になられましたか??

実はあれに先輩が出ていました♪すごい!!
もちろんネパールです!

エベレストトレッキングの玄関口、ルクラでお土産屋さんを経営されている方の元へ嫁がれました。ルクラは世界一危ない空港としても有名なところです。滑走路、これだけなんです。

Img_4238

短っ!!
かなり勾配がついているので、その勢いで止まるんです。
出る時は逆に勢いで滑り落ちていく感じで飛び立ちます。まるでジェットコースターです。いや、リアルジェットコースター?絶叫系が苦手な私はカトマンズに戻るまで、手に汗握りっぱなしで大変でした。めっちゃ怖いですよ。

放送では取材陣のみなさん、カトマンズの空港から3時間待ってフライトできていましたが、私は3日待って結局飛ばず、やむなく大金はたいてヘリで行った覚えがあります・・・。それくらい天候に影響されやすい、行くのが大変なとこなんです。

Img_4414

しかも旦那様のご実家はそこから歩いて4日かかるそう。
ここは車も通っていないので、本当に歩くしかないんです。
もしくはヤクに乗るとか?!
ヘリで行くこともできるがびっくりするような大金かかるそうです。
番組ではうまく交渉して連れて行ってもらっていましたが。

本当大変なところですね。
ネパールにはこんなところがたくさんあるし、それでもみんな生活しているんです。

Img_3163

最近のテレビではこんなところに日本人が!的な番組が多く、ネパールもよく見かけます。
そのたびにやっぱりテンションあがりますね~♪
テロップとの話してることの違いが気になったりもしますが。笑

さてさて、かわいいネパール雑貨が買える2つのお店☆ですが
どちらもただかわいいのが買えるだけではありません。

1個目!
【Sano Tino Life Design】
ネパールでの大好きな先輩がネパールのショールやピアス、バッグなどをネットで販売されています。ネパールにもかわいい、おしゃれな小物がいっぱいあるんです♪プレゼントにも最適(^^)
 しかもなんと売り上げはネパール大震災の被災者サポートに充てていただけるそうです!ステキな小物も買えるし被災者への支援もできるし一石二鳥です!ぜひ一度ホームページをご覧ください☆
http://sanotino.shopselect.net/

2個目!
【ポカラのおみやげ】
こちらはネパールの観光都市、ポカラで障害者の自立を目指して活動されている障害者の方が立ち上げられたお店。売り上げは障害者の雇用促進や支援に使われるそうです。日本語もとてもお上手です。
https://www.facebook.com/anjanagoods/?pnref=story

お買い物しながら社会貢献もできるステキなしくみですね。
ぜひみなさんも応援よろしくお願いします(^^)/

2016年1月13日 (水)

知ってる?ネパールのあれこれ。

こんにちは。
今日はネパールのあれこれをちょっと簡単に紹介したいと思います。

Img_6737
(本当にかわいい子供たちの笑顔。)

日本の方によく聞かれたこと。
ネパールは暑いのか?寒いのか?

ネパールには世界一標高の高い山、ヒマラヤ山脈があるので寒いところだと思われがちですが、ネパールは本当に地形に富んだ土地で、低いところでは海抜70mくらいのところもあります。インドの国境沿いです。つまり標高は約70m~8848mまであり、高低差約8km...すごいですね。

そしてなんと、ネパールの緯度は奄美大島と同じくらいなので日差しがかなりきつい!日中、日が出ているとぐんぐん気温があがります。さすがに冬は朝晩少し冷えるのですが、一日の気温差がなんと20度近くあった日もありました。なので夏場の炎天下の移動は日傘が必須です。ネパール人もみーんなさしています。女性は特にしみに要注意です・・・(+_+)
雨期もじめじめせずからっとしているし、夏は木陰に入れば涼しくなれちゃうんです♪ということで、山間部以外はネパールは暖かくて非常に過ごしやすい国です!

これが国境付近の街。インドっぽさが分かりますかね??
乗り物も、真平なところなのでリキシャが多く見られます。
道路が広くてまっすぐ!

Img_7673

人々の顔つきも全然変わってきます。

Img_7706

一方、こちらが標高5500mあたり。
雪山が本っっ当に美しいです。
右中央やや下のあたり、人の小ささ、わかりますか?

Img_5472

本当にスケールが違い、ただただ圧倒される景色です。
こちらがエベレストの日の出。
太陽の左の山が世界最高峰、エベレストです。

Img_5407

ネパールは自然が本当に豊かで、国内には国立公園が7か所、野生生物保護区が3か所あり、広大な土地で野生生物の営みが保護されています。

Img_2680

野生動物もたくさん見られます。

Img_2719

いかつい体つきのサイや

P4220271

川に潜むクロコダイル

他にもキリンやゾウ、バイソン、トラ、シカ、クマ(これは日本にもいますが;)などたくさんの野生動物が生息しています。ヒョウなんかは普通にあちこちの山におり、村に行ったら夜中は犯罪が、とかじゃなくてヒョウに出会わないように、絶対出歩いちゃだめ!と言われました。活動地でもヒョウに家畜や犬をやられてしまった話をよく耳にしていました・・・。

鳥類も450種類以上が確認されています!私も日常的に様々な鳥を見ることができました^^

P9297517

ネパールは色んなところで楽しめます。


では、食事はどうなのか?

一般的に食べられている「ダルバート」はこちらです。

P9157227

 ご飯をメインに、「カレー」だけではなく、日本で言うお味噌汁的存在の豆のスープ、菜っ葉の炒め物、野菜をカレー風味に味付けしたおかず、トマトをベースにしたアチャール、ピリ辛のお漬物、キュウリや大根などの生野菜、などなど。
 あ、ちなみにこれは客人向けに整えてるもので、家でネパール人が食べるのはもっっっとごはんがエベレストの様な山盛りです。手で食べます。これを10時頃と7時頃の2回食べます。間で1度軽~い食事をとります。

日本と同じく米が主食だったので、食事が合わなくて困る、、、ということにはなりません。これ以外の食べ物もだいたい日本人の口に合うようなもので、逆においしくて食べ過ぎて困る程でした(^^)


そしておうち。
土地によっても変わりますが、私のいたあたりは昔ながらの家といえばこんな感じでした。土の家です。あたたかみがあって好きでした。

Img_6685

もちろん今でも毎日計画停電を行っているネパールですので(最近は15時間停電)、電化製品はほとんどありません。その前に世界最貧国の一つと言われていますので、買えない家庭が多いのですが。

お湯がないので洗髪や体を洗うのは基本的に水です。
毎日洗うわけではなく、週に何度か晴れた昼間に洗います(○曜日に体を洗うと旦那が亡くなる、とか○曜日に体を洗うと○○になる。。。とかいろんな風習もあります。)
最近は出稼ぎに出る人も多く、お金を持っている人はソーラーをつけたりガスギザをつけたりする人も出てきましたが、それでもほんの少しです。女性は大きな輪になった布を体に巻いて水場で洗っていました。みんな器用です。

Img_4475

洗濯も基本手洗いです。冬はつらかった・・・。
2年3カ月いて、普通の家庭で洗濯機を見たのは1回だけでした。
村に行けば自分の家に水道がひかれていない家も珍しくなく、調理にも洗濯にも炊事にも水が必要なので、共同の水場へ行かなければなりません。水源が乏しい地域では、そこへも常時流れてくるわけでなく、水場へ水が来る時間が決まっていたりしたので、その時間にみんなで水場に出かけて洗濯したりしていました。

でも、こんなにないない尽くしでも案外やっていけるもんです。
所有物も、みんな必要最低限のものしか持っていないので本当に物が少ないんです。

物がありふれていて、便利になりすぎた日本では考えられない生活でした。
こんな経験があったからこそ自分のライフスタイルも見直すことができて、不便でしたが本当にいい経験をさせていただきました。





2015年12月14日 (月)

ネパールで楽しめるおいし~い♪お酒をご紹介

ネパールではロキシー、チャンなどの色んなお酒が楽しめますが、
今日はその中でもあたしのお気に入りのおいし~いお酒をご紹介します。

まずはこれ。

サトウキビで作った蒸留酒、ククリラム。
KHUKRI XXX RUM

Image1

カナダで行われた国際ラムフェスティバルでも金賞を受賞しております。
香りがよく、まろやかで本当においしいです。
ロックもいいですが、コーラで割ってもおいしいです。

なんと、日本でネット販売もされているみたいですね。
今少し検索したら実家の歩いていける距離にもネパール料理屋があるみたいです。
そこでも飲めるということなので、帰ったら行かなきゃ・・・笑


そしてお次はこちら。
キビを発酵させたお酒。トゥンバです。
Tongba
甘くて酸っぱい独特の味。
お湯を注いで飲むので、冬に温まりたい時にはぜひこれを。
チベットの人たちが良く飲むお酒です。


Pc025030

どーんと木製の器に入っています。

この鉄製もストローも手作りで、先がつぶれていてキビが入ってこないように工夫されています。

キビにお湯を注いで2,3分経った頃が飲み頃!
砂時計も一緒に出てきました。

ビがカップ一杯に入っているのですぐ飲めちゃうんですが、トゥンバのすごいところはなんとお湯を継ぎ足してまた飲めるんです!トゥンバを頼んだらだいたい お湯も一緒にでてくるので継ぎ足し、継ぎ足しで3回はおいしくいただけます。しかもなかなか安いので、お財布にも優しい!笑

ちなみに地方に行った時、ローカルなお店で頼んで出てきたのはこちら。

Pc095078

なんとこんなジャグに入って出てきました。笑

ネパールでは使えるものはなんでも使うスタンスなのですっかり慣れてしまいましたが。
ネパール人はペンキの入ってたバケツにも平気で食べ物や飲み物を入れて使います。もちろん良く洗ったうえでですが、それでもちょっと気が引けますよね・・・。


みなさんもネパールへお越しの際はぜひぜひお試しください♪


残すところネパール生活もあと2日。
今日はJICAオフィスと省庁で最終報告会です。
がんばってきます。

2015年12月 5日 (土)

ネパールの障害者への支援制度について

さて、ネパールの障害者への支援制度について、です。

配属先では女性、子供、障害者、高齢者に関わる政府事業を行っています。
そのひとつ、障害者に対して。

このように4種類の障害者手帳を発行しています。
障害の重さに対して色が変わります。

Pb294974

 どのように区分されているのか?は、ちゃんとここに書かれてあり、
手帳を作りに来る人にとっても分かりやすくなっています。

Pb294978

赤と青の手帳保持者は毎月手当をもらうことができます。
全てのカードでバスで割引がききます。病院や公共料金の支払い、バスなどで列に並ばず優先的に案内してもらうことができます。などたくさんの利点があります。

しかしこの制度自体を知らず、何年もたってから手帳を作りにくる人もたくさんいます。情報が全体に周知されない。ここがネパールの一番の問題点だと思います。


基本的には本人がオフィスに来て各種証明書などを提出し、
受け取ることができるのですが数か月に1度は地方へ出向いて障害者手帳発行会が行われます。(市役所や障害者を支援する団体で共催)

先日もキルティブール市でプログラムが行われました。

Pb274909

初めて行きましたが、なかなかの都市でびっくり。

Pb274911

たくさんの人が訪れました。
(手帳の発行には本人が来る必要があるため、オフィスまで行けない人も多い)

Pb274928

椅子に座っている3名がオフィススタッフです。


Pb274932

この日は結局約80名が手帳を作ったそうです。


今後、高齢者の証明書も作るそうで、先日新しいカードが500部オフィスに届きました。毎月の手当はありませんがバスで割引がきいたり列に並ばなくて済む、というような利点があります。日本だったらこういう場合、制度を導入するとカードがそれぞれに自動的に送られてくるのでしょうが、ネパールはそうではありません。色々証明書や写真を持ってオフィスまで出向いて書類を書いて発行してもらわないといけません。これもきっと情報が全員に届かず、せっかくの支援を受けられない人がたくさん出てくるんだろうな、と容易に想像できてしまいます。

ネパールは郵便事情がよくないので、大変難しい問題です。
個人に住所もありません。なにか荷物を送る時はその路線を走るバスに預けてもらう人はどこかまで出てきて受け取る、という具合に荷物をやり取りします。
ついこないだも前任地のレクナート(ポカラ)からカトマンズまで大量のコーヒーをマイクロバスで送ってもらいました。バスの乗員と連絡をとりつつ受け取りましたが、改めてすごい国やなーと思いました。

Pb274964

2015年9月29日 (火)

ガソリンがない!

ネパール政府は9月20日に7年ぶりとなる憲法を公布しました。
都市部の方々はこれから新しいネパールを作るぞ!
とお祭りムードになりましたが、要求が聞き入れられなかったインド付近の平野部の人々による反対運動が過熱しています。また、インドもこれに力を貸して物資の流通を止めています。

一番困るのがガソリンとガスで、先日まで私の家の前のガソリンスタンドでは長蛇の列で、おとといからは見えなくなったな、と思ったら「ガソリンありません」の看板が。
昨日別のガソリンスタンドの給油待ちの車を数えてみたら60台並んでました。その大半が公共バスや給水車などの大型車。

60台並んでるのにガソリンスタンドは閉まっていました。
開くのを待つ人々。
Img_0244

政府はこれを受け、一人週に10Lの給油制限、そして通行車両の規制を始めました。1日ごとにナンバープレートが奇数の車両、偶数の車両と言う風になりました。おかげでバスは常に超満員。あのマイクロバスに30人は載ってるのでは?

バス停。バスの到着と共に群がる人々。
Img_0220

Img_0216

比較的乗りやすい、大型ですらこんな状況。これ、走行中です。

Img_0241

乗るのをあきらめて歩いて移動する人もたくさん見られます。私も昨日は1時間半歩きました。

Img_0250

昨日夜10時半。帰宅後になんか外が騒がしい?と思って覗くと、ガソリンスタンドが一時給油をしていました。いつも人気のない夜なのに、どこから聞きつけたのか見る見るうちに長蛇の列に。朝起きるとまた閉まっていました。ほんのちょっとだけ届いたのかな?

調理用のガスも不足しています。
レストランに行っても、ガスがないから作れないものがあったり。薪を拾ってきてかまどで調理したり。こんな状況がいつまで続くのか。

砂糖や塩なども減ってくるだろうと言われています。
どうなるのか、ネパール。

yahoo!ニュースでも伝えています。

ネパール 新憲法めぐり対印関係悪化 親インド住民「権利擁護を」

2015年4月 7日 (火)

コーヒーの花開花しました!

今日はやはりストライキが実行されているようです。
車が全然通っていません。

P4062185

そんなネパールですが、コーヒーの花が開花しました!!
どれでしょう?

P4062181

これです、この真っ白♪
嬉しくなるくらいめっちゃ咲いてる~^^

P4062184

きれいですね。
ここからハチさんが頑張っておいしいコーヒーハニーを集めてくれるのです。

1か月後にはおいしい真っ黒なコーヒーハニーができるでしょう♪
お楽しみに!

そして、いよいよ私のネパール滞在期間もあと3カ月を切ってしまいました。
日本へは7月2日発、3日朝着の便で帰国します。
タイムリミットが近づき、焦る今日この頃。
最後まで自分らしく精一杯やっていきます。

P4062169_3  




2015年1月23日 (金)

観光関係、地域活性化に携わる人におすすめの1冊

おはようございます。
今日は観光関係、地域活性化に携わる人におすすめの1冊を紹介したいと思います。

だいぶ前の本ですが、「県庁おもてなし課」読んだことありますか?

2011年に出された有川浩さんの本で、県庁のおもてなし課に配属された人々が
試行錯誤しながら高知の観光を促進していく話です。

ちゃんとヒューマンドラマもあって読みやすく、久々にめっちゃ勉強になる本でした。名前は聞いたことあったけど特に読む機会にも恵まれず、、、こないだたまたま本を見つけたのでやっと読みました。
もっと前に出会ってたかった本でした。

観光関係、地域活性化に携わる人達には騙されたと思ってぜひ読んでもらいたい一冊です。

amazon県庁おもてなし課

ちなみにみなさんのおすすめの本なんかもコメント欄にて教えていただけると嬉しいです^^



昨日オフィスからの帰り道(って言っても2分もかからない)にご近所さんちに遊びに行ってお茶していると野菜売り、きのこ売りのおじちゃんがやってきました。

Img_0053

自転車に乗りながら、「きのこーきのこー!そこのおじょうちゃん、きのこ持ってく?」と声かけて回ってました。きのこ売りは初めてであった。

一袋500gいり、100ルピーです。日本的感覚でいうと激安。ネパール人にとってはちょっと高い。このおじちゃん、自分で育てて持ってきたそう。組合作ったら教えにも来るよー!と言ってくれました。

ちなみにネパールにもしいたけ(のようなもの)、あるんです!こっちでは「しいたけチャウ」(チャウ=しいたけ)って言います。なんかかわいい。日本のしいたけが浸透してるってちょっとうれしい♪

野菜売りのおじちゃんの背中。

Img_0054

レートはトマト、カリフラワーが1kg50ルピーなどなど。
にんじんは1本(250g以上500g未満)15ルピーでした。

最後の一枚。
こんなおやつを出していただきました。

Img_0056

米粉を練ったものを揚げたおかし。
おかきを思い出しました。

2014年10月26日 (日)

ティハール ~光のお祭り~

今日もアンナプルナの朝焼けが美しいです。

Img_7240

マチャプチュレ

Img_6722

ネパールでは昨日までの3日間、ティハールというお祭りが行われていました。
富と繁栄を願った収穫祭で、電飾を街中に飾ってカラスや牛、犬にプジャをして最終日には姉から弟へ、ティカがされます。

今月のはろーたいむすにも少し書かせてもらいましたが。
http://www.mydoo.net/hallow/news.html#genti
(11月11日に更新されちゃいます)

うちのまわりもあちこちできらきらしてました。

Img_6708

Img_7194

そして家の前には7色の色粉を使って家の中にラクシュミ(幸運の女神)を呼び込むためにこんなものを作ります。

Img_7201

ここのおうちでは真ん中にガネーシャが。かわいい。

Img_7206

それぞれ個性があらわれます。

Img_6846

Img_6844

Img_6837

お店の中までずっとこんな感じに

Img_6839

ティハールは5日間あるのですが、そのうち3日間がお休みになりました。
ということで、マナカマナに行ってきました♪

Img_6739_2
(2山向こうのてっぺん)

マナカマナはネパールのちょうど真ん中あたり、ゴルカ郡にある、ネパール人にも人気のヒンドゥー教寺院です。大願成就でお願い事はなんでもかなえてくれる、らしいです。
ポカラからはマイクロバスで3時間ほど。

寺院が1385mの山の上にあるので、本当なら歩いて登らないといけないところですが、なんとここにはとっても立派なケーブルカーがあるんです!(スイスの協力があったそうです)

Img_6743

行きはまだよかったんですが、帰りの急下降がめっちゃ怖かったです。

Img_6745

着いたところはお土産物屋さんが立ち並び、結構まち!

Img_6755

木工製品が多かったです!

Img_6791

めっちゃかわいかったガスシリンダー型貯金箱!これはいい。
でも高くて買えなかった。ま、1000円くらいやけど。笑

Img_6796

でも友人におすすめされた、しゃもじを買って帰りました♪

お店のディディも花飾り作りに大忙しでした。

Img_6785

そんなお土産街道を突き抜けたら、どでーんと寺院が!

Img_6770

景色がとってもよかったです。

晴れたらもっときれいにヒマラヤ見れたんやろうな。

Img_6783

中でティカをつけてもらい、なぜかマラ(花飾り)もつけてもらっちゃいまいした。
まちもマラできれいに飾り付けられ、すっかりティハールモード。

Img_6798

ティカされてないけど、マラつけてもらったわんこ。

Img_6790

建設中の家屋からヒマラヤが覗いていました。

Img_6789

マナカマナ、思っていたよりもなかなかよかったです。

そしてポカラは、、、
観光シーズン真っ盛りな今、パラグライダーがはんぱないです。
空が渋滞。



Img_6888


そして我らがレクナートへ!
バイティカ(弟にティカをする日)をしに来て、と男兄弟しかいない家族に呼ばれていたので行ってきました。お姉さんがいないときは親類や誰かお姉さんを作ってティカしてもらわないといけないそう。

レクナートにも稲刈りシーズン到来です。

Img_6917

この3日間は子供たちがグループを作って家々を回り、歌とダンスをして見せ、お金やお米、フルーツをもらって回っていました。

Img_6956

ネパールのお祭りに欠かせないのがセルロティ。
米粉とバターと砂糖と水を練ったものを丸くして油で揚げます。

Img_6996

そしてティハールではみんなでトランプの賭け事をします。
1年にこの時だけなので、家族も大目に見るようです。
深夜まで楽しそうに遊んでいました。

Img_7002

さて。本番の日。
準備するもの。
バナナの皮をきれいに四角くくりぬいたもの。

Img_7021

カラフルな色の粉。
とプジャセット。

Img_7031

セルロティやフルーツ、あげものそして弟たちへのプレゼントのセット。

Img_7034

さぁ。準備完了!
ティカをする時間は11時35分。
今年はこの時間がいいそうで、前日のニュースで大々的に言っていました。
きっと祈祷師が決めたんでしょう。

その時間になったらまずは色々にプジャをして弟たちの周りに神聖な水を3週まいてまわり、油をまた3週まいて目が回りました。笑

そして目の下にアイラインを!(ここんちだけかな?)
真ん中にもちょんと。


Img_7051

そしてさっきのバナナの皮を額にあてて色粉を付けていきます。

Img_7063

Img_7078

で、最後にマラをしてあげてこんな感じになりました。

Img_7092

プレゼントをあげ、全部終わったらあたしにもティカをつけてくれました♪

Img_7099_2

そしてプレゼントももらっちゃいました♪
サリーと山の写真!うれしい!ありがとう!

Img_7123

今度着なきゃ♪♪

ネパールのティハールをすっかり満喫できました^^

近所では竹製ブランコで子供たちが遊んでいました。

Img_7161

Img_7177

この子も踊ってきたんやろな。
グルン族の民族衣装。

Img_7193

夜はおうちへ帰ったのですが、ティハール、すごかったです。
色んなグループがダンスをして見せて回っていて、あちこちで見せてもらいました。

自分ちの門の中でも踊りに来てくれてました!
延々と1時間くらい見せてくれました。

Img_7222

そして彼らにはこんなのをあげます。

Img_7227

他のグループ

Img_7232

いやーもうほんとに楽しいティハールの3日間でした!!

今日からまたオフィス。
ですが明日から高山村から大事なお客様がいらっしゃることに!!!

まさか本当に来てくれることにはなると思ってなかったので本当に本当にうれしいです。
あーもうめっちゃ楽しみ。ネパール滞在まる3日のみという超弾丸スケジュールですがレクナートにも来てくれます!

ということで明日から少しお休みをもらってカトマンズまでお出迎えに行ってきます♪
ではまた。

より以前の記事一覧


  • にほんブログ村 海外生活ブログ ネパール情報へ
    にほんブログ村 その他生活ブログ 街づくり・地域おこしへにほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31